Raspberry Pi Zero W をゲットしました

英国 PIMORONI社からRaspberry Pi Zero Wを購入しました。3月10日に注文して到着まで約2週間でした。https://shop.pimoroni.com/products/raspberry-pi-zero-w

Raspberry Pi Zero & Pi Zero W

Raspberry Pi Zero & Pi Zero W ちょっと見では区別がつきません

Raspberry Pi Zeroに下記2つの機能がプラスされています。
On-board Wireless LAN – 2.4 GHz 802.11 b/g/n (BCM43438)
On-board Bluetooth 4.1 + HS Low-energy (BLE) (BCM43438)

私が注文した時は本体が£8.00 GBP 送料£5.50 GBP 計 £13.50 GBP ,1ポンド約140円ですから日本円にして約1,900円で手に入れることができました。PayPalで決済できます。

ただ、いまPIMORONI社のサイトを見ると、なぜか本体の値段が£9.60 GBPに上がっています。物は同じだと思いますがなぜでしょうね。

Raspberry Pi Zero W  本体 ,本体+アダプタ,本体プラスアダプタ+ケースのセット

Raspberry Pi Zero W  本体 ,本体+アダプタのセット,本体+アダプタ+ケースのセット


スイッチサイエンス等のサイトでも販売されているのですが現在は品薄になっているようです。アマゾンも一応検索してみました。やはりZero Wは出品されていませんでした。Wなしの無印Zeroが出品されていたので、何の気なしに見てみると、驚くほど高値です。
海鮮料理店で時価という値札を見る時がありますが、それと似た感覚ですね。この世の中のすべての品物が、いずれそのようになってしまうのでしょうか?

Raspberry Pi を持っている方はご存知だと思いますが、動作させるためには本体の他に必要な物があります。

接続コネクタ

接続コネクタ


・micro-SD メモリ (私は8GByteを使っています。ちなみにRaspbian Jessie LITEをインストール直後は1GByte弱をシステムが使用します)
・mini-HDMI ディスプレイケーブル
・micro-B USBケーブル
・micro-B USBケーブル+5V電源

それからPC,ディスプレイ(HDMI入力),USBキーボード,無線LAN環境がセットアップのために必要です。一度セットアップしてしまえば、その後はSSHで接続することができますので ディスプレイとキーボードは外して運用が可能です。

アダプタの干渉

アダプタの干渉


注意すべき点はHDMIのコネクタが標準のものではなくmini-HDMIタイプであることと、USBも電源も双方micor-BタイプのUSBコネクタであることです。変換プラグを使うときは物理的な干渉も考慮する必要があります。
PIMORONI社で本体と同時にRaspberry Pi Zero Adaptor Kit を購入するもの良い方法だと思います。USB micro-B <=> USB TypeA変換アダプタ1個, mini-HDMI <=> 標準タイプHDMI変換アダプタ1個, ヘッダーピン(はんだ付けタイプ)が入っています。本体とセット(Zero W + Adaptors PIM256)で£14です。
上記の本体+アダプターにケースを付けたセット(Zero W + Adaptors + Pibow Zero W PIM257)が£19です。このケースは切り出された4枚のアクリル板を4層に重ねてネジで止めたものです。うまく説明できませんがケースの組立作業は簡単なパズルのようです。
※3/26追記 上記に反してしまいますが、ディスプレイとキーボードをつながずにOSセットアップも可能でしたこちらに記事を書きました

またカメラをつなぐ予定のある方はついでにCamera Cable – Raspberry Pi Zero editionを検討されるのが良いと思います。zeroのCSI camera connector はPi3のコネクターより幅が狭いです。

PIMORONIチェックアウト

PIMORONIチェックアウト


それともう一つ、カートに入れた商品のチェックアウトですが、途中必ずお勧め商品のページを通っていくようになっています。次のページに移るためのボタンが最下行なのでわかりずらかったです。(これも悩みました)

OSはRASPBIAN JESSIE LITEをインストールしました。インストールに使用したPCはWindows 10 ver1607 (OSビルド14393.53)です。備忘の為に作業内容を記入しておきます。

■ 今回インストールしたファイル
2017-03-02-raspbian-jessie-lite.img 
RASPBIAN JESSIE LITE
Minimal image based on Debian Jessie
Version:March 2017
Release date:2017-03-02
Kernel version:4.4

etcher

etcher


zipファイルを解凍しETCHER https://etcher.io/ にてmicro-SD Flashカードへ書き込みます。書込み・ファイルのベリファイ・終了後アンマウント,一連の動作が自動で行われます。とても簡単です。

Raspberry Pi Zero Wへ書き込んだmicro-SDを差し込み、キーボードとディスプレイをつなぎます。私のHDMIアダプタは精度が悪いのか、差し込み方の具合によって信号が送られないことがあります。しっかりと確認し電源を入れます。Wではない無印Zeroの時は無線ドングルの為にOSインストールの時はUSBハブが必要でしたが今回は不要なので、すっきりとしていますね。

初回起動時にパーテーションの拡大作業が自動で行われます。ログインプロンプトが出るので。userID: pi password: raspberry でログインします。

■ raspi-config を起動します

$ sudo raspi-config
raspi-config

raspi-config

・ホスト名設定
デフォルトはraspberrypiなのでホスト名を変更します。今回は仮にpizeo-wとします。
2 Hostname > 使える文字の説明 > ホスト名をpizero-w に変更

・タイムゾーン設定
4 Localisation Options> I2 Change Timezone > Asia > Tokyo

・日本語キーボードを選択します
4 Localisation Options >I3 Change Keyboadrd Layout > Generic 101-key PC > Other > Japanese > Japanese > The default for the keyboard layout > No compose key

・wi-fi country設定
4 Localisation Options >I4 Change Wi-fi Country > JP Japan > OK

・ローケル (今回はskip 日本語フォントがインストールされないと文字化けします。)

・SSHサーバ起動設定
5 Interfacinf Options > P2 SSH > YES

raspi-config をFinishで終了させます。次の画面でリブートが吉でしょう。
■ rootのパスワードの変更とユーザの新規作成

$ sudo passwd root

Enter new UNIX password:*******
Retype new UNIX password:*******
passwd: password updated successfully

・ユーザを追加 (ユーザー名は仮に tarouとします)

$ sudo adduser tarou
Adding user `tarou' ...
Adding new group `tarou' (1000) ...
Adding new user `tarou' (1000) with group `tarou' ...
Creating home directory `/home/tarou' ...
Copying files from `/etc/skel' ...
Enter new UNIX password:
Retype new UNIX password:
passwd: password updated successfully
Changing the user information for tarou
Enter the new value, or press ENTER for the default
        Full Name []:
        Room Number []:
        Work Phone []:
        Home Phone []:
        Other []:
Is the information correct? [Y/n] y

スーパーユーザを設定します(最終行に tarou ALL=(ALL:ALL)ALL を追記)

# sudo visudo
.
.
. 
tarou ALL=(ALL:ALL)ALL  

一旦ログアウトした後tarouでログインします

$ exit

$ sudo -s
We trust you have received the usual lecture from the local System
Administrator. It usually boils down to these three things:

    #1) Respect the privacy of others.
    #2) Think before you type.
    #3) With great power comes great responsibility.

[sudo] password for tarou:
root@pizero-w:/home/tarou#

スパーユーザーになれることを確認後 pi ユーザー削除

# userdel pi

■無線LAN設定 

・vim.tiny か nanoを使い/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf を編集

# vim.tiny /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
 country=JP
 ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
 update_config=1
 network={
        ssid="*****"    
        psk="******"    
        key_mgmt=WPA-PSK 
        scan_ssid=1    
       }

上記*****にはSSIDとパスフレーズをそれぞれ記入します。私の所の無線LAN暗号方式がWPA2-PSKで、またANY接続不許可の設定なので、さらに下2行を記入します。

・/etc/network/interfaces の編集 ==> DHCPでIPアドレス取得の場合は不要です 
※3/26追記
こちらの記事に書かれていますが、Raspbian Jessie でDHCPの場合は/etc/network/interfacesの編集は必要ないみたいです。

リブート後無線LANが繋がるか確認

# shutdown -r now
.
# ifconfig 
.
.
wlan0     Link encap:Ethernet  HWaddr xx:xx:xx:xx:xx:xx
 ここ---> inet addr:xxx.xxx.x.xx  Bcast:xxx.xxx.x.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fe80::xxxx:xxxx:xxxx:xxx/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:9152 errors:0 dropped:5752 overruns:0 frame:0
          TX packets:1204 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:1277232 (1.2 MiB)  TX bytes:145163 (141.7 KiB)

ipアドレスが正常か確認します。つづいてパッケージを更新します。

# apt-get update
# apt-get upgrade

PC のTeratermなどターミナルソフトからSSHでログインできるか確かめます。ホストpizero-w.localでアクセスできればOKです。

ssh ターミナルからアクセス

ssh ターミナルからアクセス

■ IPV6を無効にします

# echo "net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1" >> /etc/sysctl.conf

まだ他に諸々ありますが、今日の所はここらへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です